音を見よう

今回は、ボウルとラップと塩を使って、声紋を作るというものを作ってみました。

作り方

とても簡単です。適当なボウルにラップをピンと張り、その上に塩をまくだけです。

そのに向かって、紙を巻いたものなどをメガホン代わりにして叫ぶか、スピーカーから音を再生します。

結果

塩をまいたラップに向かって叫んだり、スピーカーで音を鳴らすと、塩が振動して移動し、模様ができます。

音の高さを変えたり、人を変えたりすると模様が変わります。

仕組み

ラップに向かって音を発生させると、空気が振動し、その振動でラップが音に合わせて振動します。

ラップが振動するとき、ラップ全体が同じように振動しているように見えるかもしれませんが、ラップの位置によって振動して塩が跳ねるところと、ラップが振動せず、塩が跳ねないところがあります。その跳ねる場所、跳ねない場所は音の周波数や音色によって変わります。塩はよく振動するところからだんだんと振動しない場所に移動していきます。すると、音にあった模様ができるのです。

最後に

どうでしょうか。簡単なものですが、うまくいくととても面白いものです。

今回は叫ぶ方法でやっていますが、裏からスピーカーで特定の周波数の音を再生しても同じことをすることができます。

詳しい仕組みや作り方などはこちらのサイトが分かりやすいと思います。

興味があれば、是非作ってみてください。